狭小地の空間を活用して快適空間を演出しよう

広々とした家

制限を利用する

狭小地では様々な法律的な制限があります。この制限に気をつけて建築を行うことが大切です。高さの制限や道路の斜線制限といったものがあります。これらの逆に活用して個性的な住宅を建てる事もできます。

Read More

空間を広く使う

狭小地でのマイホーム建築に必要なものは、デザイン性と省スペース化です。これらを工夫することにより、狭い空間でも広く使用することが出来るようになります。間取りや収納の配置に気をつける事が大切です。

Read More

プライバシー

狭小地は縦の空間を利用する事で、より広く利用することが出来ます。文字通り狭い土地で、となりに住宅が隣接している事が多いです。その為、プライバシーを考えた窓の配置や採光の計算が必要になってきます。

Read More

設備の配置

狭小地を建設して間取りを考える上で、大切な事が導線の配慮です。狭い土地のため、空間を有効活用しようとして3階建てになることもあります。その為、住宅の機能や設備の配置が問題になってきます。

Read More

業者選びのコツ

狭小地で快適な生活が送れるかどうかは、建設会社の腕に掛かっています。その為、狭小地での建設経験が豊富な業者を選ぶ事が大雪になってきます。ネットでそう言った建設会社を探す事が出来、実際の建築例も確認できます。

Read more

災害に強い住宅

狭小地で住宅建築が可能ですが、ほとんどが3階建てです。なお、このように建築を行うことによって、耐久性が高まるという結果も出ているので、狭い土地を有効活用する目的のみならず、災害対策としてもこのような土地が選ばれています。

Read more

空間を活用する

誰もが羨む念願のマイホームを建てたいという人は多いです。
自分の家を持つことで、家の中で自由に快適に暮らすことができ、生活が一気に豊かになります。
また、広々とした家を持つことで家族でも快適に生活する事が出来ます。そんな住宅を建てるにはまず、土地が必要になってきます。
土地がないことには家を建てる事ができません。そんな土地の中でも少し変わった土地があります。狭小地と呼ばれる土地です。
この狭小地では、土地の形がいびつであると言ったことや、単純に狭い、法律的な建築制限が存在するといった様々な問題を抱えている土地です。
これだけを聞くと、この土地に家を建てたいとは思えません。しかし、この土地には利点があります。狭く、制限がある代わりに、狭小地の土地の価格は他の土地の価格よりも比較的安いといった点が上げられます。
また、土地の形が歪であることを逆手にとり、個性的なデザイン住宅を建築することが可能な土地でもあります。その為、上手な建設が出来る建設会社を探して建築を依頼する必要があります。

狭小地は狭い土地で制限もあるため、通常は建築計画を練るには苦戦する土地ですが、間取りや階数といったポイントを工夫することによって、狭小地でも広く住むことが出来るようになります。
こういった建設が得意な会社は、設計事務所や注文住宅を請け負っている建設会社の得意分野とも言えます。
狭くても、縦の空間を有効活用することにより、広々とした住宅を実現することもできるので、狭小地は安く住宅を建てられるチャンスとも言い換える事が出来ます。