狭小地の空間を活用して快適空間を演出しよう

設備の配置

夢のマイホームを視野に入れた場合、現在ニーズの高まりから増え続けているのが、オーダー式の注文住宅の建設です。
注文住宅に携わる事業者にはハウスメーカーをはじめ、工務店・建築事務所・プロデュース会社などが存在しています。
建設現場を支えるこうした事業者には、頼もしい人材が多数在籍しているのも特徴の1つであり、例えば、注文住宅の専門家がファイナンシャルプランナーです。
資金計画や土地探しから、建設に至る全てで相談に対応してくれる人材です。
その他、不動産取引で知識豊富なのが宅地建物取引主任者で、大きな買い物になる不動産をサポートします。
さらに建築に優れた一級建築士をはじめ、暮らしやすさを相談できるインテリアコーディネーターなど、住まいづくりの各分野のエキスパートが存在しています。

現在、ニーズにあわせた注文住宅づくりでは、ファーストヒアリングで要望を聞き、暮らしやすい住環境を提案してくれます。
例えば、新築住宅づくりにおいては、資金によってローコスト住宅やミドル・ハイクラスとよばれる高級注文住宅建設などが提案されています。
その他にも、家族構成によって二世帯住宅もプライバシーに配慮した間取りで仕上げたり、二世帯の往来が可能となる間取りを提案してくれます。
さらにオーダー式であることから、眺望の良い吹抜をリビング中央に設けたり、憧れの中庭のある家づくりも可能です。
さらにスキップフロアーなどの個性派住宅や、風水家相にこだわった住宅づくりなども一から構成案を出すことができるため、オーダー式ならではのプランも提供されています。